ポラリスを見上げて

キミはそらに輝く1番星!

冬恋

 

 

 

 

 

 

「もういいよ、顕嵐はなんにもわかってない。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある冬の日。

 

 

 

 

君はそう言い俺に背を向けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪がヒラヒラ舞い降りる冬の夜。

 

 

 

 

 

 

俺はひとりになったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬ってこんなに寒かったっけ。

 

 

 

はあ と白く吐息が漏れる。

 

 

 

 

 

冷たくかじかんだ指をコートのポケットにつっこむ。

 

 

 

 

 

どこからか吹く北風が、容赦なく俺を襲う。

 

 

 

 

 

 

 

「……はぁ、さみい」

 

 

 

 

 

 

 

鼻をすする。

 

 

 

 

 

 

寒さに耐えるように体を縮めて歩く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凍えるような寒さの中、

 

 

ひとりで歩く。

 

 

 

 

 

 

「寒くなんかない」と自分をごまかし、

 

 

「寒くなんかない」と自分に嘘をつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、自分に言い聞かせ強がっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ、おかしいな、」

 

 

 

 

 

 

 

 

1粒の想いが静かに頬を伝う。

 

 

 

 

 

その1粒が形となりとめどなく溢れてゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんでだよ、」

 

 

 

 

 

 

 

コートにつっこんだ指は君のぬくもりを探している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちがうだろ、」

 

 

 

 

 

 

君と一緒に歩いた帰り道。

 

いろんな思い出たちがはかなく剥がれ落ち、俺を襲う。

 

 

 

 

 

 

 

「そうじゃない、」

 

 

 

 

 

 

君が隣に歩いてるようで。

 

君が隣で笑ってるようで。

 

君が隣に居るようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に嘘をついていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当はそんなことないんだ。

 

 

 

 

 

 

いくら探したって

 

いくら思いだしたって

 

いくら強がったって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺はきづいたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君だけが足りない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ伝えたって

 

どれだけ愛したって

 

 

 

 

 

 

 

この想いは届かないんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せつなさがヒラヒラと空から舞い降りる。

 

 

 

君がいなくなって ひとりぼっちの冬の夜。

 

 

 

 

さみしさが雪のように積もって凍えそうだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この想いが、この愛が。

 

 

 

 

 

 

俺の心を苦しめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒空の下、

 

ひとりで歩く帰り道。

 

 

 

 

 

溢れ出す想いに吐息がまじる。

 

 

 

 

君のぬくもりをもとめて

 

手をのばす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「会いたいな…」

 

 

 

 

 

 

 

 

その想いは白く寂しく雪の中に溶けていった。